Home » ニュース » 中国人を違法に使うパキスタン人、不法就労拠点「ヤード」摘発

中国人を違法に使うパキスタン人、不法就労拠点「ヤード」摘発ジパング協同組合

category : ニュース 2014.6.19 
Pocket

中国人の技能実習生にアルバイトをさせたとして、大阪府警外事課は18日、入管難民法違反(不法就労助長)の容疑でパキスタン人の貿易商、カシーム・モハメッド容疑者(34)=同府羽曳野市古市=ら2人を逮捕したと発表した。

逮捕容疑は1~4月、同市古市にある自身の会社の作業場で、アルバイトが認められていない中国人実習生2人を働かせたとしている。「日当を払った」と容疑を認めているという。

実習生2人は家電製品や中古自転車をコンテナに積み込む仕事をしていた。府警は2人も同法違反(無許可活動)容疑で逮捕した。

府警によると、モハメッド容疑者は中東や東南アジアにコンテナを輸出。複数の外国人が作業場を出入りしており、府警は、不法就労の拠点となる「ヤード」だったとみて実態解明を進める。

 

パキスタン野郎が逃げた実習生を使っていたなら射殺でいいんじゃね?

見事3人の強制送還という事ですな。

通報者は幾ら貰ったんだろう?

入管も報奨金昭和初期の価格から変わってないんだからソロソロ20万円位までアップさせたらどうだ?


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.