Home » ニュース » 外国人実習生:88人入国できず 岩手の農家受け入れ予定

外国人実習生:88人入国できず 岩手の農家受け入れ予定ジパング協同組合

category : ニュース 2014.5.10 
Pocket

毎日新聞 2014年05月10日 19時04分

岩手県久慈市と岩手、一戸両町の農家で3月中旬から受け入れ予定だった外国人実習生88人が入国できていないことが10日、分かった。実習生のあっせんや受け入れを担当した事業協同組合「経営高度化センター」(福岡市)側のトラブルが原因という。特に両町では5月中旬に特産のキャベツやレタスの繁忙期を迎えるが、受け入れのめどは立っていない。

同センター東北支所(盛岡市)によると、実習生は全員フィリピン人。最長3年間滞在できる外国人技能実習制度を利用し、3月中旬からキャベツやレタスなどの畑作や酪農の実習をする予定だった。

ところが、同センターに加入する九州北部の企業で、実習生の作業を巡って計画と実際の内容が食い違うトラブルが発生。その結果、同センターの監督責任が問われることになり、岩手に入るはずだった88人について、入国管理局の許可が得られていないという。

同センターの山田敬次郎常務理事は「岩手の農家に迷惑を掛けて申し訳ない。支障が出ないよう、他の団体経由で実習生を受け入れてもらうなどの対応を考えたい」と話している。
http://mainichi.jp/select/news/20140511k0000m040038000c.html

沿岸、県北の18市町村を所管する新岩手農協(本所・滝沢市、久保憲雄組合長)管内の農家が今年受け入れる予定の外国人技能実習生88人が、当初予定より約2カ月すぎても入国できない事態になっている。本県などで実習生と農家の橋渡し役を担う福岡市の団体が九州地区の受け入れで監理責任を問われ、法務省入国管理局の許可が下りないためだ。実習生は農繁期に事実上の「戦力」となっているが、現時点で入国時期が見通せない状況にあり、生産への影響が懸念されている。

同農協などによると、88人は全員フィリピンからの実習生。岩手町、一戸町などの農家55戸で、3月中旬から実習する予定だった。

同農協管内の実習生あっせんや受け入れ監理を行う事業協同組合「経営高度化センター」(福岡市)によると、同センターに所属する九州北部の企業で昨秋、実習計画と実際の作業内容との食い違いが発覚。同センターの監理責任が問われ、今年橋渡しする予定だった実習生全91人の入国許可が下りない事態になった。

本県入りする88人はフィリピンで待機中だが、現時点で入国許可の時期は見通せない状況にあるという。88人は厚生労働省の外国人技能実習制度を活用し入国予定だった。最長3年で各種産業の技能を習得することが目的だが、農家の高齢化や担い手不足を背景に、貴重な戦力になっている面がある。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140510_9

 

 


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.