Home » ニュース » 建設業で外国人受け入れ拡大 実習後も就労認め最大2倍

建設業で外国人受け入れ拡大 実習後も就労認め最大2倍ジパング協同組合

category : ニュース 2014.4.6 
Pocket

政府は4日、人手が不足している建設業界で外国人労働者の受け入れを増やすことを決めた。技能実習制度で3年間日本で働いた人が追加で2年間働けるようにするほか、実習を終えて帰国した人に最長3年間の再入国を認める。建設業界の外国人労働者を現在の1万5千人から最大で約2倍にする狙いだ。

技能実習制度は日本の優れた技術を途上国の人に学んでもらうのが本来の狙いだが、建設業だけでなく工場や農業の現場などで実習生が貴重な働き手になっている。建設業の受け入れ拡大は型枠工、鉄筋工など特別な技術を持つ人に限り、実習直後の2年間は、法相が個別に就労を認める「特定活動」の扱いにする。

実習を終えてすぐ帰国した場合、1年以上たって再入国する人には3年間、1年未満の人には2年間の特定活動を認める。1人が働ける期間は最大6年になる。来年度から、東京五輪・パラリンピックの施設やインフラの整備で特に人手が不足する2020年度までの特例措置にする。

 

一年以上の帰国条件というのは永住許可と関係しているのかもね。

でも、初代研修生ってもう50代じゃね?

ひょっとしたらそんな高齢の実習生が再入国する可能性もあるかもね。

でも、経歴に齟齬があるのが昔は多かったから再入国も難しいかもしれないし、同じ企業にしか入れないとか変な縛りとか、どうなるのか現在では解らないですね。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.