Home » ニュース » 盛岡の建設会社を指名停止 技能実習生に手当不払い

盛岡の建設会社を指名停止 技能実習生に手当不払いジパング協同組合

category : ニュース 2018.4.13 
Pocket

 環境省は12日、外国人技能実習生として来日し、東京電力福島第1原子力発電所事故の避難区域で被災建物の解体工事に携わったベトナム人男性3人に手当の一部が支払われなかった問題で、実習先の建設会社クリエイション(盛岡市)などを1カ月の指名停止にすると発表した。

 環境省によると、不払い額は計約159万円で、クリエイションは3人に支払いを済ませた。日本人作業員への不払いは確認できなかった。同社は「実習生の受け入れに経費がかかるため支出を抑えたかった」と釈明しているという。

 3人は2016、17年に避難指示解除前の福島県川俣町で解体工事に従事。環境省が規定した特殊勤務手当は1人1日6600円だが、2千円しか支払わず、虚偽の賃金台帳を環境省に提出して不正を隠そうとした。

 環境省はクリエイションのほか、元請けの建設会社も1カ月の指名停止とする。建設会社の業界団体に手当の適正支給や、法令順守の徹底を求める通知を出した。

 3人のうち1人は今年3月に記者会見し、福島県内の除染作業に従事していたことを公表。手当の一部が支払われていないと訴えたため、環境省が調べていた。


コメントフォーム

Copyright(c) 2018 ジパング協同組合 All Rights Reserved.