Home » ニュース » ベトナム人実習生3人に「手当不払い」 被災家屋解体撤去工事

ベトナム人実習生3人に「手当不払い」 被災家屋解体撤去工事ジパング協同組合

category : ニュース 2018.4.13 
Pocket

 環境省は6日、東京電力福島第1原発事故の避難区域で被災家屋の解体撤去工事に当たったベトナム人技能実習生3人に対し、特殊勤務手当(1日6600円)の一部が支払われていない疑いがあると発表した。同省は詳細を調査中で「結果を踏まえて厳正に対処する」としている。
 同省によると、2016年9~12月と17年3~5月の計7カ月間に川俣町山木屋で家屋の解体工事に従事した技能実習生3人に対し、特殊勤務手当を一部しか支給していなかった。実習生を雇用していた下請け業者が賃金台帳などの書類にうその記載をし、元請け業者を通じて同省に提出していたとみられる。

 環境省は支給されていない手当の金額などを調査し、処分などを決める方針。


コメントフォーム

Copyright(c) 2018 ジパング協同組合 All Rights Reserved.