Home » ニュース » 虚偽報告で解体業者を送検 技能実習生が50日休業 名古屋東労基署

虚偽報告で解体業者を送検 技能実習生が50日休業 名古屋東労基署ジパング協同組合

category : ニュース 2018.2.2 
Pocket

 愛知・名古屋東労働基準監督署は、虚偽の労働者死傷病報告書を提出したとして、解体業の有限会社丸義組(愛知県名古屋市緑区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で名古屋区検に書類送検した。

 同社は、平成28年6月に愛知県豊田市内の解体工事現場で発生した労働災害に関し、「自社で発生した」とする虚偽報告をしていた。「元請に知られたくなかった」と虚偽報告の理由を話しているという。

 同社で働いていた中国人技能実習生が作業中に高さ5メートル付近から地上へ墜落し、腰椎骨折などで50日間休業している。


コメントフォーム

Copyright(c) 2018 ジパング協同組合 All Rights Reserved.