Home » ニュース » 同僚の顔を包丁で切り付けた疑い、中国籍の男逮捕 愛媛

同僚の顔を包丁で切り付けた疑い、中国籍の男逮捕 愛媛ジパング協同組合

category : ニュース 2017.1.4 
Pocket

 愛媛県警西条署は1日、同僚の男性(21)の顔などを包丁で切り付けたとして殺人未遂の疑いで、中国籍の技能実習生、鐘成軍容疑者(38)=同県西条市ひうち=を逮捕した。同僚の命に別条はない。

 逮捕容疑は1日正午ごろ、西条市ひうちの造船会社の社員寮で、トラブルの仲裁に入った中国籍の同僚を切り付け、顔や腕にけがを負わせた疑い。

 同署によると、切り付けた行為は認めているが、殺意は否認している。鐘容疑者と別の同僚男性との間に生活費を巡るトラブルがあったとみて動機や経緯を調べている。


コメントフォーム

Copyright(c) 2017 ジパング協同組合 All Rights Reserved.