Home » ニュース » 中国人技能実習生に違法残業、福井の縫製会社を労働局が捜索

中国人技能実習生に違法残業、福井の縫製会社を労働局が捜索ジパング協同組合

category : ニュース 2016.6.19 
Pocket

 福井労働局は14日、中国人技能実習生を労使協定に反して違法に残業させたとして、労働基準法に基づき福井県の縫製会社を捜索した。

 労働局によると、捜索したのはラコーム(同県勝山市)など少なくとも6社。昨年10月~今年2月、労使協定に違反して中国人技能実習生に時間外労働をさせた疑いが持たれている。100時間を超える残業もあったとみられる。

 労働基準法は、労使があらかじめ決めた残業時間の制限を超えて働かせることを禁じている。

___________________________________________________________________________________________________

外国人技能実習制度で受け入れた中国人の技能実習生に対し、労使の協定に違反して1か月100時間を超える残業をさせていた疑いがあるとして、福井労働局は、福井県勝山市などの縫製会社を一斉に捜索しました。
捜索を受けたのは福井県の勝山市や大野市にある8つの縫製会社で、このうち勝山市のラコームには、午前9時20分すぎに労働基準監督署の職員ら8人が入りました。
労働基準法では、労使があらかじめ決めた残業時間の制限を超えて働かせることを禁じていますが、福井労働局によりますと、8つの会社は、去年10月からことし2月にかけて、外国人技能実習制度で受け入れた中国人の技能実習生に対し、協定に違反して最大で月100時間を超える残業をさせていた疑いがあるということです。
会社側は違法な残業を隠すため、実際の労働時間を別の帳簿で管理していたとみられるということです。NHKの取材に対して、ラコーム側はコメントできないとしています。
労働局は捜索で押収した資料を分析するとともに、会社の関係者から事情を聴いて、外国人技能実習生の就労の実態解明を進めることにしています。


コメントフォーム

Copyright(c) 2016 ジパング協同組合 All Rights Reserved.