Home » ニュース » 群馬銀、国際研修機構と覚書 外国人実習充実へ協力

群馬銀、国際研修機構と覚書 外国人実習充実へ協力ジパング協同組合

category : ニュース 2016.6.9 
Pocket

 群馬銀行は公益財団法人の国際研修協力機構(JITCO)と業務協力の覚書を取り交わした。取引先企業の外国人技能実習生・研修生の受け入れを支援し、海外進出を後押しする。北関東の金融機関がJITCOと業務協力するのは群馬銀が初めて。

 外国人技能実習生を受け入れる際の手続きの仕方や、受け入れ後の教育方法に関して助言する。実習生の言語や健康管理に関する相談にも対応するほか、受け入れに成功している企業の取り組み例なども参考として紹介する。

 取引先から群馬銀に相談があった場合にJITCOにつなぎ、担当者が相談にのる。取引先は国内での技能実習生を確保するとともに、幹部候補として育成できれば海外事業の進出や拡大につなげられる。

 金融機関とJITCOとの業務協力では、2年前に千葉興業銀行や百十四銀行などが相次いで連携している。群馬銀は当時は見送ったが、様々な業界から海外人材を育成したいとの需要が高まっており、今回の業務協力につながった。


コメントフォーム

Copyright(c) 2016 ジパング協同組合 All Rights Reserved.