Home » ニュース » 外国人実習生に休日与えず働かせる。社長ら略式起訴

外国人実習生に休日与えず働かせる。社長ら略式起訴ジパング協同組合

category : ニュース 2014.3.25 
Pocket

外国人実習生に休日与えず、社長ら略式起訴

東証2部上場の土木機械メーカーの関連会社が、 外国人労働者に適切に休日を与えていなかったとして、東京地検は6日、
土木機械メーカーの社長(53)と関連2社を、 労働基準法違反で東京簡裁に略式起訴した。

起訴状では、土木機械メーカーの社長(53)が2012年9月、関連の輸入住宅販売会社と建設会社にそれぞれ勤務していたベトナム人の技能実習生計3人に、 同法で定められている1週間に1回の休日を与えなかったとしている。 土木機械メーカーの社長(53)は両社の社長や役員を兼務している。 地検によると、両社では、外国人実習生に月2~3回しか休日を与えないことが常態化していたという。

 

2012年から2年たってるし休みやらなかったって・・改善命令とか指導票出されて無視したって事?

結構これくらいってあるよね。上場企業は狙われるって事かな。今度客に教えておこう。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.