Home » ニュース » 日本で働く外国人、91万人 過去最多、中小企業目立つ

日本で働く外国人、91万人 過去最多、中小企業目立つジパング協同組合

category : ニュース 2016.2.5 
Pocket

日本で働く外国人が過去最多の90万8千人になった。厚生労働省が29日、発表した。調査は2015年10月末現在で、前年の78万8千人から12万人(15・3%)増え、3年連続で過去最多を更新した。人手不足で企業が外国人に頼る傾向が強まっているほか、「少子化で大学が留学生の取り込みに力を入れ、アルバイトも増えている」(同省)ことが背景だ。

 国別では中国が32万3千人(全体の35・5%)で最も多い。1万1千人増えたものの、全体に占める割合は減る傾向にある。厳しい労働環境が多い「技能実習生」が6千人減るなど、自国の経済成長で日本で働く魅力が減っているためだ。代わりに、ベトナム(80%増、11万人)やネパール(61%増、3万9千人)などが急増した。

 滞在資格別では、日系人などが36万7千人、留学生、技能実習生がそれぞれ16万8千人。留学生は4万2千人、技能実習生が2万3千人増えた。雇用主が届け出ない例もあり、実態はさらに多そうだ。

 働く現場は、中小企業が多い。雇用している事業所を規模別にみると、「100人未満」が全体の4分の3を占める。

 ログイン前の続き福岡県嘉麻市にある産業用ポンプメーカー、「本多機工」。龍造寺健介社長(55)は08年、外国人の採用を始めた。「優秀な日本人学生が都心や大手に行ってしまう」ためだ。全社員数は143人。これまで15人の外国人を採用した。「専門・技術分野」という在留資格だ。すでに2人が独立し、中東と中国でポンプ会社を立ち上げ、同社のポンプ販売やメンテナンスを担う。龍造寺社長は「日本国内は設備投資も人口も縮む一方。地方の中小企業が30年生き残るには、外国人が必要だった」と話す。

 外国人なしでは、成り立たない仕事もある。広島県廿日市市でカキを40年以上養殖する岡島盛夫さん(67)は、中国人技能実習生7人に作業を頼る。「もう若い人はしたがらないきつい仕事。実習生に頼るしかない」と話す。最低賃金の時給769円を払い、残業があれば割り増しして払っているという。


コメントフォーム

Copyright(c) 2016 ジパング協同組合 All Rights Reserved.