Home » ニュース » 日本で働く外国人、過去最多 15年90.8万人

日本で働く外国人、過去最多 15年90.8万人ジパング協同組合

category : ニュース 2016.2.5 
Pocket

 厚生労働省は29日、日本で働く外国人が2015年に90.8万人と前年より15%増えて、3年連続で過去最高を更新したと発表した。国籍ではトップの中国が32.3万人と同3%増えた。ベトナムが11万人で同80%増、フィリピンが10.7万人で同16%増だった。製造業や流通業など人手不足の現場を補っている。

 在留資格別にみると、留学生が19.2万人と31%増えた。政府が留学生を増やそうとしていることに加え、人手不足の会社で留学生の需要が高まっているためとみられる。技能実習生は16.8万人と同16%増えた。


コメントフォーム

Copyright(c) 2016 ジパング協同組合 All Rights Reserved.