Home » ニュース » 新幹線の線路脇で寝る、中国人の女を逮捕

新幹線の線路脇で寝る、中国人の女を逮捕ジパング協同組合

category : ニュース 2015.6.20 
Pocket

 15日午後9時5分頃、岐阜県垂井町宮代のJR東海道新幹線岐阜羽島―米原駅間で、女が線路脇で寝ているのを巡回中の同社社員が発見し、110番した。

 駆けつけた県警垂井署員が同日、中国国籍で近くに住む技能実習生の女(29)を新幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 同署の発表によると、現場は岐阜羽島駅から西約15キロで、線路は盛り土の上にあり、周囲にはフェンスが張られていた。女は容疑を認めているという。JR東海によると、このトラブルで上下線計9本が最大で32分遅れ、乗客約4300人に影響が出た。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.