Home » ニュース » 農業実習生を殺人未遂で逮捕 川上で仲間切りつけ

農業実習生を殺人未遂で逮捕 川上で仲間切りつけジパング協同組合

category : ニュース 2015.6.1 
Pocket

 南佐久郡川上村原の住宅で29日未明、近くに住む農業実習生のフィリピン人男性(22)が後頭部を切りつけられ重傷を負った事件で、佐久署は同日、殺人未遂の疑いで、この住宅に住む農業実習生でフィリピン人のパティ・ロマン・カルピオ容疑者(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は、29日午前0時ごろ、自宅内で被害者を殺そうとし、頭部をなたで切りつけるなどして、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせた疑い。同署によると、切りつけたことは認めているが、殺意は否認している。

 同署などによると、2人は国の制度に基づいて来日し、農作業に携わっている外国人技能実習生。事件当時、ほかのフィリピン人実習生らも含めて酒を飲んでいて口論になったらしい。同署が動機などを追及している。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.