Home » ニュース » インドネシア人漁業実習生に講習 事故防止で能登海保

インドネシア人漁業実習生に講習 事故防止で能登海保ジパング協同組合

category : ニュース 2015.4.11 
Pocket

能登海上保安署のインドネシア人漁業実習生に対する事故防止・安全管理等講習会=写真=は9日、能登町の県漁協小木支所で開かれ、3月に来日した56人が実習期間中の事故防止を誓った。

 署員が船上の作業中に気を付けることや救命胴衣の正しい着用法を説明した。実習生は今月下旬から、石川、富山両県のイカ釣り漁船や定置網漁船などで3年間実習する。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.