Home » ニュース » 外国人技能実習で新監督機関 在留資格に「介護」新設も

外国人技能実習で新監督機関 在留資格に「介護」新設もジパング協同組合

category : ニュース 2015.3.6 
Pocket

 政府は6日の閣議で、外国人技能実習制度をめぐる実習生への人権侵害防止に向けて、新たな監督機関「外国人技能実習機構」(仮称)を設置することを柱とした外国人技能実習適正実施法案を決定した。介護分野での外国人労働者受け入れを促すため、在留資格に「介護」を新設する入管難民法改正案も決めた。
 技能実習制度に関する法案では、新たな監督機関が不正監視のため、受け入れ団体や企業に立ち入り調査する。実習生に対する外部との連絡禁止や帰国の強要などが問題化していることから、私生活の制限禁止や罰則規定を設けることで、実習生の保護を図る。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.