Home » ニュース » 農道で中国人2人死傷=殺人事件で捜査―茨城県警

農道で中国人2人死傷=殺人事件で捜査―茨城県警ジパング協同組合

category : ニュース 2015.2.23 
Pocket

 22日午後9時50分ごろ、茨城県鉾田市徳宿の農道付近で、人が刺されたと近所の住民から110番があった。鉾田署員が駆け付けたところ、近くに住む中国籍の技能実習生、孫文君さん(33)が胸のあたりから血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。一緒にいた技能実習生の中国人男性(32)は肩付近を切られ、2〜3週間のけが。

 負傷した男性は「男数人に切り付けられた。(犯人は)車で逃走した」と話しているといい、県警は殺人事件として捜査を始めた。

 県警捜査1課などによると、孫さんは畑の中で倒れており、負傷した男性が近くの民家に助けを求めた。現場近くから血痕のようなものが付いた包丁が見つかった。

 2人は鉾田市内の研修先の農家で住み込みで農作業に従事しており、当時は知人宅から自転車で帰宅する途中だったという。現場は田畑の中に民家が点在する農村地帯。 


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.