Home » ニュース » ベトナム人実習生とフットサル…アイゴッソ高知

ベトナム人実習生とフットサル…アイゴッソ高知ジパング協同組合

category : ニュース 2015.1.13 
Pocket

 サッカー・四国リーグのアイゴッソ高知は11日、高知市北久保の「セントラルフットサルパーク高知」で、県内のベトナム人技能実習生チームとフットサルの交流試合を行った。両チームの選手は、笑顔でコート内を駆け回った。

 サッカー好きな実習生が多いことから、受け入れ事業を行う「アクト事業協同組合」が初めて開催。アイゴッソとの試合のほか、県内企業の実習生50人が9チームに分かれて戦うトーナメント戦も行われた。

 アイゴッソとの試合はMFの大原洋孝選手ら5人と、実習生選抜の選手6人が、前後半各15分で対戦。黄色いベストを着用した実習生らがアイゴッソの選手らに挑んだ。試合は7―4で敗れたが、実習生は巧みなドリブルを披露した。

 交流試合に出場した建設会社で実習を行っているホ・シ・コエさん(26)は「アイゴッソの選手はパス回しが見えないくらい速かった。これから応援していきたい」と笑顔だった。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.