Home » ニュース » 下水処理場の汚水プールに中国人実習生が転落、死亡 底に沈んだ状態で発見 新潟

下水処理場の汚水プールに中国人実習生が転落、死亡 底に沈んだ状態で発見 新潟ジパング協同組合

category : ニュース 2015.1.10 
Pocket

 9日午前0時35分ごろ、新潟市の下水処理場で「男性作業員が汚水プールに落ちた」と別の作業員が119番通報した。男性は午前2時20分ごろ、プールの底に沈んだ状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 新潟県警江南署によると、プール脇の泥に足を滑らせたような跡があり、誤って転落したとみて原因を調べている。

 男性は新潟市北区新崎、中国籍の技能実習生、李紅臣さん(30)で、死因は溺死。

 江南署と新潟市によると、事故は、中部下水処理場(同市中央区)の汚水プールに水位計を付ける工事中に起きた。汚水プール(縦39メートル、横10メートル、深さ3メートル)のある地下へ李さんが最初に降り、次の作業員が降りると、李さんの姿が見えなかったという。


コメントフォーム

Copyright(c) 2015 ジパング協同組合 All Rights Reserved.