Home » ニュース » 除草のヤギ盗んだ疑い 逮捕のベトナム人「食べた」

除草のヤギ盗んだ疑い 逮捕のベトナム人「食べた」ジパング協同組合

category : ニュース 2014.12.5 
Pocket

 岐阜県警は4日、研究用のヤギ2頭を盗んだとして、愛知県春日井市牛山町のブイ・バン・ビ容疑者(22)とレ・テ・ロック容疑者(30)、岐阜県坂祝町酒倉のカオ・バン・グェン容疑者(26)=いずれもベトナム国籍=を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑をカオ容疑者は否認し、他の2人は認めて「食べた」と話しているという。

 県警によると、3人は共謀し、8月9~10日の間に、岐阜県美濃加茂市の荒廃農地で飼われていたヤギ2頭(時価計約7万円)を盗んだ疑いがある。車で仲間の家に運び、解体したという。3人は留学や技能実習生として入国し、現在は無職やアルバイト。県警は共犯者がいるとみている。

 盗まれたのは、岐阜大が除草効果を美濃加茂市などと共同で研究するため飼っていたヤギで、ともに体重約30キロ。約2メートルのフェンスに囲われ計16頭がいた。親子連れが草を食べさせるなど、市民に親しまれていたという。

 同大応用生物科学部の八代田真人准教授は「全国でヤギによる除草の研究が進む中、心配していたが、逮捕されてよかった」と話す。市は「こういう結果になり残念」とのコメントを出した。ベトナムではヤギは庶民の味で、鍋などにして食べられるという。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.