Home » ニュース » 「建設業に外国人を」 公明が提言へ

「建設業に外国人を」 公明が提言へジパング協同組合

category : ニュース 2014.3.20 
Pocket

公明党は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて、建設業の人手不足を補うための時限的な措置として、日本で技能実習を経験した外国人の再入国と3年間の滞在を認めることなどを政府に提言することになりました。

公明党は東日本大震災の復興事業や2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う建設業の人手不足を補うための時限的な措置として提言案をまとめました。
それによりますと、発展途上国の人材育成を主な目的とした「外国人技能実習制度」を利用して、建設分野で3年間の実習を終えた外国人が、日本でさらに働くことを希望した場合、法務大臣が特別に「特定活動」に指定し、引き続き、最長で2年間の滞在を認めるとしています。
また、技能実習を終えて帰国した外国人の再入国は現在認められていませんが、建設業界から「即戦力として活用したい」という要望が出ていることから、建設分野に限って同じように「特定活動」に指定して、再入国と最長で3年間の滞在を認めるとしています。
一方、受け入れ先は技能実習を実施した経験のある企業に限るなど、厳格な管理体制を求めています。
公明党は、こうした内容を菅官房長官や太田国土交通大臣に申し入れることにしており、政府はこれも踏まえ、今月末までに具体案をまとめることにしています。

現状の実習生は2年延長で帰国済みの実習生は3年という事?

研修生時代の一年を上乗せっていう意味かな?

ややこしい・・理解できないんだが

取りあえず農業は無いって事ね

 


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.