Home » ニュース » 海外の優秀な人材確保へ入管法改正案

海外の優秀な人材確保へ入管法改正案ジパング協同組合

category : ニュース 2014.3.12 
Pocket

政府は11日の閣議で、海外から優秀な人材を呼び込むため「高度人材」として日本で3年間活動した外国人を対象に、日本での在留期間を無期限とする新たな在留資格を与えることなどを盛り込んだ出入国管理法の改正案を決定しました。

政府は優秀な外国人の研究者や技術者の受け入れを促すため、職歴や年収などをポイントで評価し、一定の点数を満たした人には5年間の滞在で日本での「永住許可」を認めるなど、優遇措置を与える制度をおととしから導入しています。
しかし、利用が思うように進んでいないことから、政府は要件を緩和するなど制度の見直しを進め、11日の閣議で、出入国管理法の改正案を決定しました。
それによりますと、入国する際、高度な能力や資質を持ち、高度人材に認定された外国人には、まず「高度専門職第1号」という在留資格を付与し、日本で3年間活動した人を対象に「高度専門職第2号」という新たな在留資格を与えるとしています。
「第2号」の資格では、日本での在留期間を無期限とするほか、生活しやすい環境を整えるため親や家事使用人の同行を認めるなど、優遇措置を拡充するとしています。
法務省は「外国人に使い勝手のよい制度にすることで、高度人材のさらなる受け入れを図りたい」として、今の国会で改正案の成立を目指すことにしています。

 

これって実習生には関係ないみたいですが、高度人材ってどういう定義?ってことで調査。

資格・受賞履歴

  • 国際会計検定
  • 米国公認会計士
  • 米国アクチュアリー資格
  • 外国弁護士
  • iF デザインアワード
  • レッドドット・デザイン賞
  • グッドデザイン賞 ・・・・・などなど資格や賞の受賞者

日本語検定

  • 日本語能力試験N1
  • BJT ビジネス日本語能力テスト480点以上

 

 

うん俺でもハードル高い・・・w

こんな優秀な奴ならワザワザ日本の企業で働く意味あるの?

若者よ安心しろかなわない奴みたいだから職を脅かすとかのレベルでは無い!


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.