Home » ニュース » 外国人実習生、失踪急増 県内、ブローカーが高賃金勧誘か

外国人実習生、失踪急増 県内、ブローカーが高賃金勧誘かジパング協同組合

category : ニュース 2014.11.4 
Pocket

◆14年73人、最多ペース

 県内の事業所で働く外国人技能実習生の失踪が急増していることが、県警への取材で分かった。2013年の行方不明者は109人で、12年の32人の3・4倍に増え、県警が調査を始めた09年以降で最多だった。今年も9月末時点で73人と、昨年とほぼ同じペースで推移する。ブローカーから高賃金で誘われた仕事に移るほか、劣悪な労働環境を苦に逃げ出すケースもあるが、受け入れ団体は「急増の原因はよく分からない」と困惑している。

 今年、失踪した73人の国籍は、中国が63人と大半を占め、ミャンマー5人、ベトナム4人、フィリピン1人。

 岐阜市にある受け入れ団体の男性理事(44)は今年、派遣先の各務原市の縫製会社から失踪した中国人女性=当時(31)=を茨城県内で保護した。昼は食堂、夜は性風俗店で働いていた。実習期間の最終年となる3年目で、「日本に来る前から知人と話ができていた」と話したという。

 別の受け入れ団体の男性理事(64)は、ブローカーの動きが活発化していると指摘。また失踪経験のある元実習生と来日前からインターネットや携帯電話で情報交換している可能性があるという。国際研修協力機構の指導で、事業所は実習生の旅券や預金通帳を預からなくなったため、「逃げられる環境にある」と話す。

 法務省の統計によると、今年6月末時点の全国の実習生は約16万2千人。うち県内は約1万人で、愛知県の約1万8千人に次いで多い。名古屋入国管理局によると、技能実習生の在留資格で入国した外国人が、失踪して実習先以外で働くことは不法就労にあたる。在留期間を超えて国内にとどまれば、不法残留となる。

 失踪した実習生が犯罪に関わるケースも出ている。県警は10月末、資材置き場からトラクターを盗んだとして、ベトナム国籍の男6人を逮捕した。6人のうち5人が元実習生と元研修生。昨年10月から県内でトラクターが盗まれる被害が約50件発生しており、ベトナムに運んでいたとみて関連を調べている。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.