Home » ニュース » 業者事業廃止命令:外国人技能実習、受け入れ中止に

業者事業廃止命令:外国人技能実習、受け入れ中止にジパング協同組合

category : ニュース 2014.9.30 
Pocket

 厚生労働省は26日、中国やベトナムから受け入れた技能実習生を県内の事業者にあっせんしていた福龍事業協同組合(福井市菅谷1)に対し、無料職業紹介事業の廃止を命じた。理由は、同協同組合の龍造寺寿秀代表理事が道路交通法と廃棄物処理法に違反し、懲役1年の刑が執行・終了したことが職業安定法第32条第5号の欠格事由に該当するため。同協同組合は、26日から5年間、あっせん事業を行えなくなる。

 同法では、役員が禁錮刑以上や罰金刑に処せられて執行が終わった場合、役員が所属する法人は5年経過するまで無料職業紹介事業を国が許可しないと定めている。

 龍造寺代表理事は今年5月に名誉毀損(きそん)と詐欺の両容疑で逮捕、起訴され公判中。厚労省が事件の発覚を受けて調べたところ、同組合が欠格事由に該当することがわかったという。


コメント1件

  1. 理事長 より:

    元理事長亡くならていたようですね。
    彼の人生は一体何だったのでしょうね。
    味のあるYOUTUBEなど、話題には事欠かない方でした。
    ご冥福をお祈りいたします。

コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.