Home » ニュース » 日本へのベトナム技能実習生、今年は1.2万人規模

日本へのベトナム技能実習生、今年は1.2万人規模ジパング協同組合

category : ニュース 2014.9.9 
Pocket

ベトナムから日本へ派遣した技能実習生の数は2014年に、前年から30%程度増えて計1万~1万2,000人になる見込みだ。26日付VOVニュースが報じた。
人材研修や技能実習生派遣などを手掛けるエスハイでは、年初からこれまでに、計500人のベトナム人について、日本企業から実習生としての受け入れ許可を得た。これは前年同期に比べ40%の増加だという。同社と取引のある日本企業は、製パン、電子部品組み立て、外食といった分野で実習生を必要としており、最低賃金は月2,500万ドン(1,172米ドル、約11万9,000円)となっている。エスハイはさらに、自動車設計や機械エンジニアリングといった分野の高度な技術者も探している。
また、実習生の派遣を手掛ける別の企業は、日本では2020年の東京五輪に向けて建設部門をはじめとして実習生の需要が急速に拡大していると説明する。こうした中、日本のゼネコンは内装や空調設備の分野で実習生を求めているようだ。
在日ベトナム人労働者管理委員会によれば、実習生の平均月給は3,000万ドンで、技術者の場合は4,000万ドンを超える。
一方、サイゴン・インセルコ(Inserco)のズオン・ティ・クック会長は「日本企業は機械エンジニアリング、溶接、工業用プラスチック、電子、食品加工、水産加工、繊維、農業などさまざまな分野で実習生を求めている」と説明。その上で、「わが社では毎月2~3回、実習生候補の面接を実施しているが、選抜した実習生の95%は日本企業側の要求水準を満たしている」と語った。
また、ゼネラル・トレーディング・バリアブンタウ・プロビンス(GETRACO)のチャン・スアン・トゥー取締役は、「今後数年間は日本への実習生派遣が活発化するだろう。日本からの実習生重要はこれまでに30~40%拡大している」と述べている。

 

むりだろw!!失踪しても働く場所があるから無理だろ


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.