Home » ニュース » 元大関琴光喜を逮捕 不法就労助長の疑い

元大関琴光喜を逮捕 不法就労助長の疑いジパング協同組合

category : ニュース 2014.3.18 
Pocket

愛知県警は4日、経営する焼き肉店で不法滞在と知りながら中国人らを働かせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、元大関琴光喜の田宮啓司容疑者(37)を逮捕した。

田宮容疑者は愛知県岡崎市出身。野球賭博に関与したとして2010年7月、日本相撲協会に解雇された。警視庁が11年3月に賭博容疑で書類送検したが、嫌疑不十分で不起訴処分となった。

逮捕容疑は、名古屋市西区で経営する焼き肉店で、在留資格がない中国人やタイ人を働かせ、不法就労を助長した疑い。

県警が11月に不法滞在していた疑いで中国人とタイ人を逮捕。田宮容疑者の焼き肉店で働いていたことが分かった。

田宮容疑者は日大時代にアマチュア横綱など27タイトルを獲得し、1999年春場所に幕下付け出しで初土俵。2007年に大関に昇進した。

田宮容疑者が、不法滞在していたタイ人と中国人を自分のアパートに住まわせていたことも分かった。県警は不法滞在が発覚するのを避ける目的もあったとみている。

田宮容疑者は名古屋市西区の焼き肉店で、在留資格がないタイ人と中国人を不法就労させた疑いで、店の営業を取り仕切っていた元力士佐谷英治容疑者(35)とともに逮捕された。

田宮容疑者は「不法滞在とは知らなかった」と容疑を否認しているが、佐谷容疑者は「タイ人にはビザがないと聞いたことがある」と供述している。

田宮氏とともに同じ容疑で逮捕された元力士の佐谷英治氏(35)は25日、罰金30万円の略式命令を受け、即日納付した。2人の弁護士は取材に「外国人2人は相撲を介して知り合った人に紹介された」とした上で「田宮氏も何も調べずに雇ったことを反省している」と述べた。

これ不法就労って解っててやってるよね。

失踪した実習生を雇用してたとしたら、受入企業は入国させるのにも金かかってるんだから入国費用とか負担せずに美味しいところだけ享受するという典型的自己中心的な犯罪行為。罰金30万とかも見せしめでもっと多く取ってニュースでガンガン流してほしい。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.