Home » ニュース » 外国人技能実習、230団体で不正…昨年

外国人技能実習、230団体で不正…昨年ジパング協同組合

category : ニュース 2014.7.16 
Pocket

外国人技能実習制度で来日した外国人に対し、賃金の不払いや人権侵害などの不正を行った受け入れ団体・機関が、昨年は計230団体に上り、2010年に現行制度が始まって以降、3年連続で増加していることが法務省の調べで分かった。同省は、こうした団体に対し、現在はない罰則を科す仕組みをつくる方針だ。

不正行為の件数も大幅に増え、昨年は前年比126件増の366件となった。内訳は、「賃金等の不払い」が99件で最も多く、受け入れ当初に必要な講習を実施しないといった「研修・技能実習計画との齟齬そご」が87件、「講習期間中の業務への従事」が79件の順となった。 具体的なケースでは、ある農業関係の受け入れ機関が、技能実習生が起こしたトラブルを理由にパスポートと在留カードを取り上げ、返却しなかった。水産加工の工場では、水産加工業務が減少していたことから、受け入れ計画と異なる食肉処理の作業に実習生を従事させていた。

 

不正行為不正行為って最低手取り額を強制するなどしない限り安く使おうとする糞企業は無くならないだろ

金もちゃんともらって楽しければ逃げないし問題も起きないっしょ?


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.