Home » ニュース » 日本の外国人実習に懸念=「強制労働の温床」―米大使

日本の外国人実習に懸念=「強制労働の温床」―米大使ジパング協同組合

category : ニュース 2014.7.9 
Pocket

【ワシントン時事】人身売買問題を担当する米国のシデバカ無任所大使は8日、上院外交委員会の小委員会で開かれた公聴会で証言し、日本政府が運営する外国人技能実習制度が「強制労働」の温床になっていると改めて懸念を示した。

 シデバカ大使は「人身売買業者は(外国人を)強制労働に服させるのに同制度を利用し続けている」と指摘。日本政府が運用を十分に監督できていないところに問題があるとした上で、「われわれは監督機能を強化するため、日本政府と緊密に協力していくつもりだ」と語った。

簡単に入国で来て簡単に出国できる、しかし永住は出来ない。

こんな風にできたらいいのかね。


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.