Home » ニュース » 「いわて春みどり」など出荷 新岩手農協がセレモニー

「いわて春みどり」など出荷 新岩手農協がセレモニージパング協同組合

category : ニュース 2014.7.4 
Pocket

e1407043新岩手農協(本所滝沢市、久保憲雄組合長)は3日、岩手町御堂の奥中山営農経済センター奥中山野菜出荷場で産地出荷式を行った。ブランドキャベツ「いわて春みどり」などを出荷し、生産者ら約200人が高品質野菜の安定供給を誓った。

久保組合長は天候は比較的順調だが、外国人技能実習生88人がいまだに入国できない状況。今後の万全な受け入れへ再整備を進めたい。健康がクローズアップされる中で、主導的な役割を果たす野菜の価値を創造しよう」とあいさつした。テープカット後、野菜を積んだトラックを生産者らが見送った。

同日はキャベツやレタス、ホウレンソウなど約207トンを主に関東方面に出荷した。

【写真=テープカットで野菜の出荷を祝う関係者】


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.