Home » ニュース » 外国人技能実習を問題視 人身売買で米報告書

外国人技能実習を問題視 人身売買で米報告書ジパング協同組合

category : ニュース 2014.6.21 
Pocket

米国務省は20日、売春や強制労働などを目的とする世界各国の人身売買に関する2014年版報告書を発表した。安倍政権が新たな成長戦略の素案に拡充を盛り込んだ「外国人技能実習制度」について、強制労働に悪用されている事例が後を絶たないと批判している。

報告書は188カ国・地域の状況を分析。4段階のうち、米制裁の対象となる可能性のある最低ランクは北朝鮮やイラン、ロシアなど計23カ国。タイなど3カ国を新たに加える一方、中国は政府の対応に改善があったとして外した。 北朝鮮では推定8万~12万人が政治犯収容所で長時間労働を強いられ、多くが生きては出られないとした。

日本は実習制度問題などへの対応が不十分だとして、例年通り上から2番目のランクだった。(共同)

 

?何処が人身売買?騙して連れて来てるのかい?少なからずとも本人が望んできてるぞオイ 


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ジパング協同組合 All Rights Reserved.